作品一覧

512TR タイミングベルト交換及びオイル漏れ修理

フェラーリ512TR タイミングベルト及びオイル漏れ修理承りました。
タイミングベルト交換のご用命でしたが、エンジンを降ろしますのでオイル漏れ修理も同時に作業させて頂きました。
早速エンジンを降ろしました。ポタポタと漏れる程のオイル漏れでは有りません。
ファイル 404-2.jpg
ヘッドカバーの取り外しオイル漏れ修理、タペットクリアランスも点検調整致します。
ファイル 404-1.jpg
進みましてバルブタイミングの調整です。精密に調整致します。
テンショナーベアリングは国産品を使用し耐久性アップ。
ファイル 404-3.jpg
エンジン側完成です。搭載に進みます。
ファイル 404-4.jpg
エンジン搭載。エンジンを始動し各部点検します。
完成に向けて仕上げていきます。
ファイル 404-5.jpg

2014年12月13日 登録

水漏れ!

ポルシェ911の水漏れ修理を承りました。

左側のラジエター本体より漏れが確認出来ましたので、早速交換作業進めました。

バンパーをまず外して行きます。
ファイル 403-1.jpg
コンデンサーが外側にいますので、交わしてラジエターを外していきます。
ファイル 403-2.jpg
ここまで分解すると漏れ箇所がよく判ります。
ファイル 403-3.jpg
新品パーツに交換して戻していきます。
ファイル 403-4.jpg
最後に加圧点検して漏れが無い事を確認して、バンパーを取付して終了です。

2014年11月29日 登録

360スパイダー タイミングベルト交換

フェラーリ360スパイダー タイミングベルト交換承りました。
早速作業に取り掛かります。交換パーツの確認です。
タイミングベルトとテンショナーベアリング・各ドライブベルトとテンショナーベアリングです。
ファイル 402-1.jpg
ファイル 402-2.jpg
360シリーズはシートの後ろ側のパネルと外すと作業が出来ます。
ファイル 402-3.jpg
タイミングベルト取り外しました。折り返しです。
ファイル 402-4.jpg
タイミングベルト及びテンショナーベアリングまで取り付けました。
ファイル 402-5.jpg
外したパーツ順番に取り付けエンジン始動です。異音やチェックランプ等が点灯しなことを確認し作業完了です。

2014年11月11日 登録

フェラーリ328 チェンジシャフトシール交換

フェラーリ 328チェンジシャフトシールを交換致しました。
シール交換の経緯ですが、シフト操作に対してミッションが受け付けない等の不具合がありミッションオイルの交換作業を頂きました。
作業過程でオイルの注入口を開けた所大量のオイルが出てきました
。(慌てて撮ったためピントがズレています。)
ファイル 401-1.jpg
基本注入口以上オイルは入れられませんので、エンジンオイルが入り込んだようです。
今回交換するシール箇所はエンジンオイル室とミッションオイル室を貫通していチェンジシャフトシールになります。
ファイル 401-2.jpg
チェンジシャフトの抜き取り。
ファイル 401-3.jpg
シールを交換シャフトまで組み付けました。
ファイル 401-4.jpg
それぞれのオイルパンを取り付けオイルを充填し走行テストです。結果シフトフィールが大幅に改善致しました。

2014年11月01日 登録

ポルシェ996

ポルシェ996の水漏れ修理をしました。
加圧点検をした所、エンジン上部より漏れが確認できました。
ですが、どうも手が届きそうもありません。
ファイル 400-1.jpg
結局このようなことに!
お客様と相談して、やばそうな所は修理しましょうとなりました。
今回はオイルセパレーター廻りから水漏れしていました。
ファイル 400-2.jpg
今回ホースやバンドなど関係のありそうな箇所は全て新品パーツに交換しました。
お客さまの予算の関係等もありますが、ついでに出来る作業等もありますので、予防整備など御提案させて頂きます。

2014年10月25日 登録

ロータス エリーゼ

そうです、リコール作業入庫です
合わせて、冷却水が減るとの修理依頼
ファイル 399-1.jpg
プレッシャーテストで漏れを各部確認した所
ウォーターポンプより若干の漏れがありました
ファイル 399-2.jpg
ウォーターポンプを取り外します
ファイル 399-3.jpg
新しい部品と見比べます、特に変更は無いみたいです
ファイル 399-4.jpg
漏れは、ウォーターポンプフロントシールからでした
ファイル 399-5.jpg
組み付け完了、後は、冷却水のエア抜きが完了
すれば、作業終了です。

2014年10月21日 登録

ロータス エキシージ エアコン修理

ロータス エキシージ エアコン修理です。症状は「冷風が出ない」です。
早速点検です。ゲージマニホールドでシステム圧力を点検をします。圧力低いです。どこかでガス漏れしています。フロントカウル内にもエアコンパーツはありますが、まずはコンプレッサー廻り・コンデンサー廻りを点検します。漏れは無い様です。次にフロントカウルを外しエキスパンションバルブやリキッドタンク廻りを点検します。
漏れ箇所ありました。エキスパンションバルブ廻りから漏れ発見です。
漏れ確認用のスプレーをしますと配管部分から大量の泡が出てきていて漏れているの分かります。
ファイル 398-1.jpg
交換パーツです。エキスパンションバルブ及びリキッドタンクを交換致します。
ファイル 398-2.jpg
漏れ箇所は、エアコンガスとコンプレッサーオイルが漏れ出して
汚れています。清掃後パーツの交換です。
ファイル 398-3.jpg
エアコンの作動状態と漏れの確認をし、フロントカウルを取り付け作業終了です。

2014年10月11日 登録

キャリパー!

E46 BMWの点検整備をしました。

お客様のご要望でブレーキキャリパーのO/Hをして欲しいとの事でしたので分解しました。
ファイル 397-1.jpg
ファイル 397-2.jpg
各部清掃 腐食等確認して、
ファイル 397-3.jpg
新しいシールKITを組み込んでエアー抜きをして終了です。

車によってはシールKITがパーツとして無い物もありますので、ご注意を!

2014年10月04日 登録

プント車検

車検整備中のプント
ファイル 396-1.jpg
何となく辺りがガソリン臭い?
気になって各部点検
ファイル 396-2.jpg
フューエルタンクユニット点検
アッパー部にクラックが・・・
漏れたガソリンがたまっています
ファイル 396-3.jpg
タンクユニットAssy脱着
新しいタンクユニットに交換
合わせてロックリングとパッキンも交換です

※定期点検をお勧め致します。

2014年09月29日 登録

マセラティ クーペ 点検整備

マセラティ クーペ 点検整備を致しました。
ヘッドカバー周りからのオイル漏れは有りませんでしたが、
スパークプラグの点検中にプラグホール内にエンジンオイルが混入していることが分かり、ヘッドカバーのパッキン及びプラグホールのパッキンの交換を致しました。
ヘッドカバーパッキン交換中
ファイル 395-1.jpg
ラムダセンサー交換
テスターにてエンジンECUを診断した所、ラムダセンサーにエラーが有りました。
ライブデーターでラムダセンサーの出力信号等を確認しラムダセンサーの交換を致しました。
右バンクフロント側のラムダセンサーでしたのでエンジンの調子に大きく影響するセンサーです。
ファイル 395-2.jpg
センサーはキャタライザーの前に位置します。
ファイル 395-3.jpg
エアコンマイクロフィルター交換です。
定期的に交換致します。
ファイル 395-4.jpg

2014年09月16日 登録