作品一覧

ABARTH ブレーキエラー点灯

ブレーキランプが不灯 エラー点灯
リヤーワイパーが作動不良
テールゲートエラー点灯など
エラーが頻発するので修理入庫
ファイル 464-1.jpg
まずは、ここが怪しいので、確認します
ファイル 464-2.jpg
やっぱり、見事に断線しています
一本一本修正します
ブレーキS/WもNGだったので、交換です
ライト廻りの点灯チェックもOK
作業終了です

2016年09月09日 登録

エリーゼS1 修理入庫

ファイル 463-1.jpg
エンジンは、掛かるが・・・
ファイル 463-2.jpg
アクセルペダルリンケージのペダル側
ブラケットが折れています
ファイル 463-3.jpg
パーツ自体が貧弱なので、製作して取付け
あわせて、クラッチマスター&レリーズシリンダー
の交換も作業させて頂ました。
ファイル 463-4.jpg
ファイル 463-5.jpg

2016年09月09日 登録

新型テスター導入

新型のLAUNCHのテスターが入りました。
いままで使ってきたLAUNCHテスターより速く多くの情報を読み取れます。ほとんどの輸入車とフェラーリなどのスーパーカーにも対応できます。
ファイル 462-1.jpg
ファイル 462-2.jpg
ファイル 462-3.jpg
ファイル 462-4.jpg

ファイル 462-5.jpg
クイックテストで車両にあるすべてのコンピューターのトラブルコードを一発で読み出せます。
これにより、症状が出ていない隠れた不具合も発見できます。

テスターは交換部品を教えてくれるツールではないので、読み取ったトラブルコード、データ、数値を基に、何が悪いのか現車を調べる必要があります。

2016年08月06日 登録

ドア内部より異音

ドアの中で異音がすると言うアバルト500の点検修理作業をしました。

ファイル 461-1.jpg
ドアの内張りを取り外してチェックします。
ファイル 461-2.jpg
パワーウインドを固定しているナットが緩んでました!
お客様いわく、一度も内張りは外したことは無いとの事でしたので、
緩んでしまったのでしょうか?

ファイル 461-3.jpg
その他の固定ねじ&ナットの緩みも確認して作業終了です。

さすがは輸入車っと言ったところでしょうか?

2016年07月16日 登録

EXIGEガラス交換

飛び石で、フロントガラスが割れてしまいました
まずは、フロント廻り取外し
ファイル 460-1.jpg
ファイル 460-2.jpg
カウルを外さないとフロントガラスの交換が出来ません
ファイル 460-3.jpg
ファイル 460-4.jpg
後は、元に戻して作業完了です、
こんな時に、頼りになるのが車両保険!
是非、保険加入をお勧め致します。

2016年06月25日 登録

冷却水漏れ?

ポルシェの冷却水漏れ修理作業をしました。

997の911ターボですが、冷却系統は以外に弱点?でしょうか。
同じような作業をした記憶があります。

今回もラジエターより冷却水漏れです。
フロント部を通りすぎたときに、ほんのりと冷却水の匂いが。

ファイル 459-1.jpg

外してみると
ファイル 459-2.jpg
冷却水漏れてました。

ラジエターを新品に交換して、元に復元して漏れがない事を、確認して作業終了です。

2016年06月04日 登録

BMW ブレーキパッド交換

BMW5シリーズのリヤブレーキパッド交換作業をしました。
キャリパーに電気式のサイドブレーキアクチュエーターがマウントされているタイプです。このタイプはスキャナーが無いとピストンが戻せません。
ファイル 458-1.jpg
スキャナーを使ってアクチュエーターを解除します。
ファイル 458-2.jpg
ファイル 458-3.jpg
これでピストンが戻せるようになります。
キャリパー清掃、各部グリスアッップして組み付けます。
ファイル 458-4.jpg

2016年05月28日 登録

アバルト エンジン掛からず

突然、エンジンストール
その後、全くエンジンが掛かりません。
ファイル 457-1.jpg
燃料がきていません、ヒューエルポンプ
電源は大丈夫、ポンプ本体点検
ファイル 457-2.jpg
全く不動の為交換
ファイル 457-3.jpg
交換後は、問題無く始動OK
その他に、不具合無いか、チェックして作業終了です。

2016年05月10日 登録

オイル漏れ修理。

フィアット500JTDのエンジンオイル漏れ修理作業をしました。

オイルフィルターブロック及びヒートエクスチェンジャー廻りより漏れが発生していました。
ファイル 456-1.jpg
パーツを調べた所、アッセンブリーでの供給しかないので、分解してP/Kの状態を見て、液体ガスケットと併用して形にしていきます。
ファイル 456-2.jpg
最後にオイル漏れ、冷却水漏れがないことを確認して
ファイル 456-3.jpg
もとにもどして作業終了です。

2016年04月23日 登録

BMW エンジン内部

BMWのタペットカバー交換作業でタペットカバーを外したところです。
こんな事になってました。
ファイル 455-1.jpg
ファイル 455-2.jpg
今のところ不具合はありませんが、こうなると何が起きても不思議ではありません。
この車はオイル漏れ止め剤を入れたそうです。
スラッジの原因は漏れ止め剤かオイルメンテの悪さ、どちらか判りませんが、変な添加剤を入れずにまともなオイルで定期的なオイル交換をすればこんな事になりません。
BMW推奨オイル交換サイクルもちょっと長すぎな気もします。

2016年04月01日 登録