作品一覧

お知らせ

27日休業のお知らせです

いよいよ明日は
  アイドラーズ12時間耐久!
無事完走できますように、工場スタッフ
全員でサポートです。

当日休業の為、お客様へ御不便お掛け致しますが、
宜しくお願い申し上げます 

2014年07月26日 登録

アウディA3車検整備

アウディA3車検整備を行いました。
走行距離も伸びている為、今後トラブルが出るであろう部分も含め事前整備致しました。
タイミングベル廻りの交換及びウォーターポンプの交換を行いました。(パーツ交換済み画像)
ファイル 384-1.jpg
ファイル 384-2.jpg
ヒューエルフィルターを交換致しました。
ファイル 384-3.jpg
サスペンション廻りでフロントロアアームブッシュ
ゴムブッシュが切れていました。走行が不安定になる為交換を行いました。
ファイル 384-4.jpg

2014年07月12日 登録

クラッチ異音!

クラッチ異音の155の修理作業をしました。

未だにねずよいファンが居ますアルファロメオ155。
クラッチペダルを踏み込むと物凄い音が。
症状から、レリーズベアリングがどうにかなっていそうです。

早速T/Mを外してみると、
ファイル 383-1.jpg
こんな感じで見事バラバラに!
同時にクラッチディスクとカバーも交換して、綺麗に清掃して
ファイル 383-2.jpg
ベアリングを組付けて、元に戻して作業終了です。

2014年07月05日 登録

マセラティ3200GT

E/G掛からずでの修理入庫です
どうやらセルモーターが不良
ファイル 382-1.jpg
サージタンクを外して点検
ファイル 382-2.jpg
ヒーターホースを外して、やっと取り出せます
こちらが外した(左)セルモーターと
新品の(右)セルモーター
ファイル 382-3.jpg
Vバンクの中なので、少々交換が困難です
が、もとに戻して作業終了です

2014年06月30日 登録

ドライブシャフトブーツ交換

フェラーリF355 ドライブシャフトブーツ交換です。
F355の内側ドライブシャフトブーツは、マフラーの熱の影響で劣化し切れてしまいます。位置関係をどうそ。画像では上側・右側とマフラーに囲まれています。
ファイル 381-1.jpg
切れてしまったブーツ
ファイル 381-2.jpg
CVジョントの分解・傷・磨耗点検及び洗浄 組み付けの準備です。
ファイル 381-3.jpg
CVジョント用グリスを充填しスムーズに動くか確認。ブーツを交換し作業完了です。
ファイル 381-4.jpg
今回は、左右のドライブシャフト内側・外側 全てのブーツを交換しリフレッシュ致しました。
ファイル 381-5.jpg

2014年06月19日 登録

オイル漏れ!

BMWのオイル漏れ修理作業をしました。
お約束のオイルフィルターブロックよりの漏れでした。
ファイル 380-1.jpg
余計な物を取り外していきます。
ファイル 380-2.jpg
ファイル 380-3.jpg
綺麗に清掃して、P/Kを交換して、漏れが無い事を確認して、作業終了です。

2014年06月14日 登録

ランチア フラミニア

希少なお車の整備です
フラミニア スーパースポーツ・ザガートモデル!
ブレーキの不具合で点検です
ファイル 379-1.jpg
ブレーキキャリパーの作動がとても悪いので
まずは、取外して点検です
ファイル 379-2.jpg
初めて見たダンロップのブレーキキャリパー
しかも2ピストン
スポーツモデルの証しです
ファイル 379-3.jpg
内部の様子、見事にヘドロ状態でした
綺麗に清掃&衝動部分の断付修正
ファイル 379-4.jpg
ピストンシール&ブーツ交換
勿論ブレーキホースも点検しました
此方も劣化で、内部がしっかり詰って
しまって役目がはたせません
パーツが無かったので、製作して取付け、
作業終了です

2014年06月10日 登録

クラッチ交換

フェラーリ599GTBのクラッチ交換です。
テスターにてクラッチ残量点検、100%使用との診断結果により
クラッチ廻りのO/Hとなりました。
早速、交換です。クラッチの場所はエンジン本体直後にある為、リアマフラー・中間パイプ・触媒マフラー・遮熱板に始まりF1トランスミッション・トルクチューブと順番に外して行き初めてクラッチハウジングに到着です。
ファイル 378-1.jpg
トランスミッション後方から。
ファイル 378-2.jpg
クラッチハウジングを外しますとクラッチが見えてきます。
ファイル 378-3.jpg
今回は、クラッチ廻りの完全O/Hですのでクラッチコンプリートからフライホイール・レリーズベアリング及びレリーズサポート・F1センサーまで交換致しました。
ファイル 378-4.jpg
クラッチ廻りの主要パーツ交換が全て完了し元に戻していきます。
途中でクラッチのエア抜きを致します。(全て元に戻してしまうと
F1システムフルードの補充が難しくなる為です。)
ファイル 378-5.jpg
クラッチのエア抜き後マフラー等を取り付け、キャリブレーションをし走行テスト。最後にPISの微調整を施し作業完了です。

2014年06月03日 登録

フェラーリ F1ポンプ 交換

フェラーリF1ポンプ交換です。
最近のフェラーリはF1ポンプが作動を停止してしまうとエンジンも始動できません。仮にギヤがどこかにセレクトされている状態でポンプが停止してしまうと、車両をその場所から少しも動かすことが出来なくなってしまいます。
問題のF1ポンプです。(マレリー製)
ファイル 377-1.jpg
F1ポンプの場所は右側テールランプの奥にあります。
画像はF1ポンプを外した状態です。
ファイル 377-2.jpg
新旧ポンプ。この状態ですと違いがありません。
ファイル 377-3.jpg
不良箇所の確認の為、ポンプモーターを分解致しました。
ファイル 377-4.jpg
ドライバーの先、ブラシホルダーが溶けています。(2箇所溶けています。)
ファイル 377-5.jpg
新品のポンプに交換後テスターにてフル―ドラインのエア抜き、キャリブレーションを作業完了です。

2014年05月24日 登録

良くぞここまで!

ジャガーXタイプのパット、ローター交換作業をしました。
タイヤを外して確認すると、良くぞここまで使用したなって率直に思いました。
ファイル 376-1.jpg
ファイル 376-2.jpg
摩剤が無くなり鉄の板のみでブレーキを掛けている状態でした。
とても危険な状態ですので、なにか異常感じたら、チェックされる事をお勧めします。
ファイル 376-3.jpg
目視にて確認出来ますので、日常点検なんて如何でしょうか。

2014年05月12日 登録