作品一覧

サーキットでは当然??

GPSラップタイムモニター。

キュースターズ社製 LT-Q6000 

大変便利なラップタイムモニターです。

ファイル 516-1.jpg

特徴は

・様々なレーシングトラックをリアルタイムでフルラップ、セクタータイムを表示し記録。
・2.4インチ6万5千色のカラーディスプレイを搭載。走行中において、「速い」「遅い」を視覚的に告知。
・1秒間に10回の記録を取る10Hzログを採用。高精度測定でわずかな動きも分析可能。
・GPS搭載により、面倒な配線が不要。
・パソコンに接続し、専用ソフトで解析可能。
・2GBのメモリを搭載。過去の履歴データを参照可能。
・最大7時間の連続稼動バッテリー内蔵。

の様にラップタイムだけでなくデータロガーの役割も成り自身の走り方にも役立つ一品です!

数個入荷しております、どうぞ宜しくお願い致します。

2015年09月09日 登録

リアスプリング交換♪

アバルト500用アラゴスタサスペンションキットに含まれているリア用の車高調整ブラケットと専用スプリングの取付です。

このブラケット&スプリングのみの販売もしており、他のサスペンションとの組合せも可能です。

ファイル 515-1.jpg

スプリングレートは4kgと6kgから選べます。

ファイル 515-2.jpg

元のリアサスペンション周り。

ファイル 515-3.jpg

変わった部分はお判り頂けます?

オレンジ色の綺麗なスプリングとその上にブラケットが付き
これで約30mmの車高調整が可能になります。

2015年09月07日 登録

ブレーキパッド。

スクーデリアデスティーノのお奨め商品に新しくエンドレスアドバンス社製ブレーキパッドが仲間入りしました。

ファイル 514-1.jpg

エンドレスアドバンス社製のブレーキパッドは広くモータースポーツの世界で大変信頼されています。
今回ご紹介するのはストリートでの使い易さとホイールを汚すブレーキダストを少なくした「プレミアム・コンパウンド」と言うブレーキパッドです。

ミニマムスチール製法で作られた摩擦材は高い摩擦係数を持ちながらダストを最大限に減らしたジャパンクオリティのブレーキパッドです。

2015年09月03日 登録

エキシージSに!

ADVANホイールよりエキシージS用が発売されました。

ADVAN RZⅡ 

ファイル 513-1.jpg

サイズ設定はフロント17x7.5 インセット26 リア18x9.5 インセット35です。

画像のホイールカラーはGLOSS BLACK & RING、他にHYPER BLACK &RINGも設定されてます。

従来のRZからより進化しシャープなデザインのRZⅡは最新の鋳造技術を駆使した造りで軽量化と高強度を両立させています。

ファイル 513-2.jpg

近づいて見ると、スポークの側面にはサイドカットが施されていたり反対側は段付形状と細部のディテールに大変拘ったデザインです。

スクーデリアデスティーノ一押しのホイールです!

アバルト500用の設定も有ります。

詳しくは www.yokohamawheel.jp で。

2015年09月01日 登録

ホイールスペーサー

ABARTH500用、ABARTH PUNTO用ホイールスペーサー。

ファイル 512-1.jpg

チンクエチェントとプントではホイールのPDCが違い兼用できません、他のフィアットやランチアはPCD98が主ですが、プントはPDC100で微妙に違っています。

左側の物は4ホールと5ホールが兼用出来るタイプです。

汎用のスペーサーとは違いハブの径や厚み等、かなりの高精度で作られています。

ファイル 512-2.jpg

ハブの立ち上がりの高さ等も車両のサイズを元に製作しています。

ファイル 512-3.jpg

こんなタイプのスペーサーも有ります。

ファイル 512-4.jpg

これはスペーサーを車両に固定してその上にホイールを装着するタイプの物です。

ホイールのサイズやオフセットで厚さを決めて製作できます。

ボディに対してのホイールの位置関係がご不満な方はご一考下さい。

2015年07月29日 登録

アラゴスタ スペシャル。

サジターリオセッティング、アラゴスタサスペンションの入荷です。

ファイル 511-1.jpg

ラーナ製のオレンジ色したスプリングが綺麗です。

ファイル 511-2.jpg

こちらがリアのセット。

スプリングとダンパーとそしてゴールドの筒は!!

サブタンクです!  

ファイル 511-3.jpg

リアダンパーから伸びた高圧チューブによって繋がった本体とは別のシリンダーを持つタイプです。

このシリンダー(タンク)の中にはフリーピストンで仕切られた高圧のガスが充填されており、反対側のオイルは常に一定の圧力が掛かっています。

この構造の利点は伸び側の減衰力と縮み側の減衰力を別々に調整する事が可能になります、本体で伸び側をサブタンクで縮み側をそれぞれ調整します。

もう一点はガス室を別にする事で本体のストローク量も本体のシリンダー長の中で最大限に取れる事です。

アバルト500等の短いダンパーには大変有効ですね。

乗り心地と運動性能を高い次元で両立させる為のシステムです。

2015年07月14日 登録

これも。

ドライビングポジションを改善する為のアイテムもう1つ。

シート、ステアリング、そしてもう1つドライバーが触れる所。

ペダルです。

ペダルの位置関係も大変重要ですね。

ファイル 510-1.jpg

ペダルエクステンション。

これはロータスエリーゼ、エキシージ用のブレーキペダルとクラッチペダルに使えるエクステンションです。

10mmまたは20mm手前になります、これでシートポジションも1ノッチ~2ノッチ変わってステアリングとの位置関係が改善されます。

2015年07月10日 登録

ステアリング交換~♪

ドライビングポジションを改善する為にMOMO製のステアリングに交換です。

ステアリング外径も330mmと小さくします。

ファイル 509-1.jpg

アバルト500の最大の欠点がドライビングポジション。
ノーマルステアリングとノーマルシートの場合は着座位置を高めで調整するとあまり違和感を感じませんが、そのポジションではアイポイントが高くアバルト500のパフォーマンスを十分に引き出して走るにはやや難ありと思われます。(慣れている方は別です)

そこで先ずシートの着座位置を下げる為にシートを交換します。
体のホールドも良くなり、またアイポイントも下がる事で車両のロールに対する不安感も減少してドライビングが楽しくなってきます。

でも、、、ペダルと体の位置関係を合せるとどうしてもステアリングが遠くなりがちです。

ファイル 509-2.jpg

そこでステアリングの交換となりますが、ステアリングボスと比較フラットな形状のステアリングを取付けた場合ですとノーマルの位置と変わらない為、画像のようなディープな形状のステアリングを選ぶかステアリングとボスの間にスペーサーを入れて位置を調整し腕と脚が適切な状態になり窮屈な姿勢から開放されれば車もより安全に気持ち良く動かせると思います。

セミAT車の場合はこのパドルシフトキットを取り付けて更に雰囲気がコンペティブになります!

2015年07月08日 登録

バケットシート投入。

ロータスカップに参戦している車両にロータスカップオフィシャルシートを装着しました。

このシートは御殿場に本拠を置くファトラスタイリング社が製造するエスケレートと言うブランドのシートです。

ファイル 508-1.jpg

メイドインジャパンのクウォリティで細部まできちんと作られています。

このモデルはロータスカップ参加者向けにオーガナイザーが特注したタイプになりますが、シートの生地や色、シェルの素材もオーダーできるシステムで販売されています。

ファイル 508-2.jpg

ロータスの限られたスペースの中に合うもっとも最良のサイズで作られており、心地良いポジションになります。

ノーマルのスライドレールを使用して、ブラケットの交換で取付けが出来る保安基準を満たし車検に適応したシートです。

2015年06月09日 登録

アバルト用スーパースプリント。

バーゲンです。

ファイル 507-1.jpg

無くなり次第終了です。

かなり良い音になります、けっして爆音ではありません。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

2015年05月13日 登録